とても上品な日記

雑談とかしながらグラブルの話をするための備忘録

偽物の人生を送っていてつらいという話

こんにちは。とても上品です。なんか2月くらいに記事書いたつもりだったんですけど、なんだかんだ去年の12月以来でそこそこご無沙汰でしたね。記憶の混濁が激しい。

 

さて、本日は本格的に労働が始まって人生が終わりを迎えた話とか、労働が辛い話とか、そこから派生して自分の話とか、なんかもういろいろ書きたいことが溜まってて大変です。多分いろいろ話が脱線すると思いますが、あまり気にせず読んであげてください。

 

先に言っておくと、労働に関するダウナーな話がメインになるので、私が労働の話をするのを見るのが耐えられないという方はそっとブラウザバックをお願いします。お互いのために。

 

現状

私の現状を誤解されている方をちらほら見かけるので、とりあえず現状を整理しておきます。

まず、退学(中退)はしていません。放校になる予定もありません。現在も大学在学中であり、卒業する予定でいます。数年前のあの頃に比べれば大躍進ですね。

単位は揃っていて、卒論も提出済みです。書類であれやこれやをゴニョゴニョして在学している状態で、ある程度身を固めてから卒業しようと思っています。

卒業するタイミングを選べる状態でおり、今のところ2020年9月の予定です。巡り合わせによっては2021年3月になるかもしれませんが、未来のことなのでわかりません。

現在は労働中ですが、アルバイトです。企業系攻略サイトでライターをやっています。そのうち契約社員になります。正社員になる日はかなり遠そうです。

 

労働が辛いという話

私の現状の整理はここまでにしておいて、いやこれから話すことも私の現状ではあるのですが、本題に入っていきたいと思います。

 

労働が辛いです。

辛いというのはいろんな面で辛いのですが、とりあえず「時間的な面」と「金銭・精神的な面」に分けて整理しようと思います。

 

時間的な辛さ

とにもかくにも時間がありません。大学生は時間でお金を買って、社会人はお金で時間を買うというのは言い得て妙だなと思いました。私は大学生なのか社会人なのかわからないですけど。あと時間を買えるほどお金ももらってないですけど。

最近やりたいゲームが多すぎるんですよ。正確に言うと1つのゲームが異常に長い時間遊べるような設計になっているせいでもあるんですが、例えば現在だけでも

  • 仁王2……とりあえず1周しておきたい
  • グラブルVS……ハードモードの特典もらってない
  • P5S……(買ってない)絶対面白い
  • あつ森……(買ってない)多分楽しい
  • FE風花雪月……(買ってない)絶対面白い
  • スマブラ……陰湿プレイしたい
  • スプラトゥーン……陰湿プレイしたい

というふうに、もうどんだけ時間あれば遊びきれるんだよっていうくらい面白いゲームがいっぱい出てきてるんですよね。

 

予想はできていたことなのですが、労働を始めてからとにかく時間がない。朝8時に起きて飯食って通勤、労働、退勤、帰ったら20:30。そこから仮に夜1時に寝るとしても1日の可処分時間が4時間半しか無いわけです。これが今まで朝起きてから夜寝るまでほぼゲームし放題だった(※それが可能だっただけで、実際に起きてから寝るまでゲームする日はほぼ無い)のに。労働なんていうカスの営為を始めてしまったせいでロクにゲームもできやしない。どうしたらいいんでしょうね。

 

金銭的・精神的な辛さ

これです。これに尽きます。思ってること多すぎて多分ここから最後まで話が脱線しまくると思うんですけどご容赦ください。あと多分エヌディーエー(笑)のせいであんまり明確に話せない部分もあると思いますが、そこもご容赦ください。

 

まず、時給が安い

この「安い」というのは1050円/hという数字が絶対的に小さいという意味もあるんですが、それよりも何よりも辛いのは「自分が生み出しているものには明らかに1050円/h以上の価値がある(と思っている)のに、1050円/hしか払われない」ことが辛いです。

 

先程申し上げたように、私は企業系攻略サイトでライターをやっています。ゲームの内容を理解し、攻略法を考え、誰でも読めるような文章に落とし込む、というのはそこそこ脳みそ持ってないとできない知能労働だと思うのですが、それが近所のコンビニバイトよりも低時給なわけですねえ。

しかも私の担当した一部のタイトルを私は過去に相当やり込んでいて(具体的にどうやり込んだかまでは言えないのですが、常人の遊び方ではないやり込み方をしていた)、そこまでやり込んだ人間なんて日本中を探してもめったにいるわけじゃないのに、その知識を1050円/hで買って文章を書かせる、というのはありえない話なわけです。

 

コンビニバイトはバイトの典型として名前を出しただけで貶す意図はありませんし、そもそもゲームのライターごときが何言ってんだって思われるかもしれないです(何なら私もそう思います)けど、あくまでも企業からは「ゲームの知識」を買われているのであって、相当程度の知識を持っている人間をインセンティブもなく1050円/hで働かせるというのは……まあこれ以上明言するのはやめておきますが、とにかく辛い。

自分でもある程度覚悟を決めて声をかけたつもりだったんですけど、いざ低賃金労働の当事者になってみると、これは案外辛いものだなと思いました。

 

次は(金銭面から生じる)精神的な辛さです。

 

私が労働を始めたのは去年の12月なのですが、そのタイミングも悪かった。

12月の大学生には何がありますか?そう、冬休みです。

3月の大学生には何がありますか?そう、春休みです。

私には?

 

何もありません。

なんで?どうして?

なんで大学の後輩たちは冬休みを、春休みを謳歌しているのに、なぜ今私は自分の時間を1050円/hという不当に安い価格で切り売りしているのか?意味がわかりません。

 

もちろん、これもある程度は覚悟していたことでした。

12月に労働を始めた時点で、後輩たちが冬休み・春休みを謳歌するのを見て辛い気持ちになるだろうな、ということは覚悟していました。そして実際に冬休み・春休みシーズンになって、まあ確かに辛いといえば辛いけど、こればっかりは仕方ないなと思ってはいました。なぜならそれは予想ができていたことなので。

でも、1050円/hという数字が頭にちらついた瞬間に、耐えられなくなるのです。

これがもし例えば(極端な例ですが)時給2000円とか3000円だったら、こんなことは言わないと思うのです。すっごいしょーもない話なんですけど、私にとっては死活問題で。そりゃ周りに合わせて4月から働き始めればこんな思いしなかったんだろうなと今では思いはしますし、親の老化を機に12月にいきなり働き始めたとはいえ、自分のモラトリアムを失うだけの対価が手に入るのならば賃金に不満を持つようなことは無かったと思います。

 

あくまで仮定の話ですが、拘束時間・持っている能力・かける労力・その成果物に対する報酬として正当かそれ以上の額がきちんと払われていれば、いくら後輩が冬休みや春休みを謳歌していても「なんで大学の後輩たちは休みを謳歌しているのに、私は自分の時間を不当に安い価格で切り売りしているのか?」なんて疑問は浮かばないはずなんです。

 

現実的な話をするならば「じゃあそんなとこ辞めて羽振りの良い企業探して行けばいいやん」って言われる話なんですけど、それは考えてはいます。というかまさに今シーズンなので就活でもすればいいだけの話ですからね。いや就活はくだらないしつまらないのでしたくはないしやるつもりもないんですけど……(就活をやらない本当の理由は後述)。

ただ4月から勤労環境含めて自分を取り巻く環境がいろいろ変わるので、とりあえず3月は辛いけど3月が終わるまでは耐えようという感じです。

 

「拘束時間・能力・労力・成果物に対して正当な報酬を払ってもらってないのではないか」と一度でも疑ってしまうと、かなりキツいです。職場への不信感が日に日に募ります。実際ここ数週間はマジでメンタルキツくて、上司を累計5人くらい呼び出してご飯に言って話を聞いてもらったこともありました。それでも今だにキツイものはキツイのですが……

 

「1050円/hというのが絶対的に=数字的に安い」ということ自体は覚悟はできていたのですが、「正当な報酬をもらっていないのではないか」と思ってしまうことがどれだけキツイのかは予想していませんでした。

自分の見通しが甘かったんでしょうか。自分のプライドが高いだけなんでしょうか。このへんの問題点の切り分けはまだうまくできませんし、切り分けようと思うと頭が壊れそうになります。

 

これがいわゆる「社会の理不尽」ってやつなんですか?どうなんでしょう。理不尽だろうが理不尽じゃなかろうがどっちにせよキツいですね。これで理不尽じゃないほうがキツいか。

 

ちなみにこのブログを会社の人が見ている可能性は全然ある(Twitterを知られているので)と思いますが、私は世渡りが下手なので、特に今までに書いたことを取り消そうとか隠そうとかは思いません。何一つ嘘は書いてないので。

 

後輩さんたちからの悲しみの言葉

とりあえずお金の話はここまでにして、次の話題に行きましょう。

3月の3連休(3/20,21,22)を数日後に控えたときに「うおお!!今週末は3連休や!!」って喜んでたら、後輩が

  • 上品さんは変わっちゃったな
  • 3連休程度でこんなに喜んじゃうなんて悲しい
  • モラトリアムを謳歌していた頃の上品さんはもう居ないんだな
  • 奴隷が檻の中で鎖の長さを自慢してるだけで可哀想

とかいろいろ言われて、なんというか自分で自分がいたたまれなくなりました。

 

だってどうしようもないんですよ。

もう皆と会ってエピソードトークしようにも、そもそも労働のせいで自分のゲームの時間すら満足に取れてないからゲームの話もそこまでできないし、かといって労働の話をしても後輩は悲しむだけだし、でも8時に起きて20時に帰るまで労働に関することしかしてないから自分にできる話は労働に関する話くらいだし、もう私にはどうしようもありません。

 

私は自分が面白い人間でありたいと思っているので、話をするときにはどうしても何か笑いが起きるようなことを言いたがるのですが、それは労働を始める前も後も変わりません。

労働のことしか話せなくなっても、面白おかしく話ができればそれでいい

私としては自分の本質が変わったつもりはないのですが、しかしどうやら私は口を開けば労働の話ばかりするようになっているようで(この記事だってまさにそう)、それを後輩が見て悲しんでいる。それを逆に私が見て、ああ自分はもうダメなんだ、俺の人生はもう終わったんだと気づいて悲しくなる。でもどうすればいい?どうしようもない。もう誰にどう救われることもできない。

 

あ、「奴隷が檻の中で鎖の長さを自慢してるだけで可哀想」とはよく言ったもんだなと思いました。文才ありすぎ。

  

自分が無能であるという話

以前に別の記事で書いたこととも若干内容が被りますが、私は自分が無能であると思っています。

(無能という表現については私の立場からあんまり言うと燃えるので深入りはしませんが)勘違いされないように言っておくと、地頭は確かに良いほうだとは思っています。1浪しながらも大学受験には成功して"いい大学"に行けました。

けどそれは「高校修了までの勉強範囲において卓越していること」の証明にはなりますが、「社会に役立つ能力を持っていること」の証明にはなりません。

 

私は2021年度で1浪4留を迎えます。それでいて院卒ですらない。そういう肩書き。じゃあ能力は?電気系学部だよね?当然エンジニアとしての素質・能力を求められる。

でも私はプログラミングが嫌い。じゃあ何ができる?何もできません

強いて言えばコミュニケーション能力があります。はあそうですか。

 

君は無能だねえ。

 

一応おととしも去年も就活はちょっとだけしていました。でもそれが辛いんだな、これが。

全く嘘のつけない・話の盛れない体質なので、自分にはこれができるんだぜ!って胸を張って言える材料が無い状態で自分を良く見せることがまずできない。

なぜなら自分は地頭が良いだけで何もできないと思ってしまっているので。プログラミングができない電気系・情報系の人間にこの世で生きていくことはできないと思ってしまっているので。

1浪4留で能力も無い人間なんてどこも拾いたくないでしょうし、それを自分もわかっているから、なおさら自分を売り込むことができない。かといって、棒立ちしていたら別にどこかから拾ってもらえるわけでもない。

 

そういう意味では、ゲームができてコミュニケーションも取れればとりあえずお金がもらえるという今の仕事は、ある意味私にとってはありがたいものだったのかもしれません。

でもそれは裏を返せば、私にはこれしかできないから「ここ」から逃げることも離れることもできないということなのではないか。この会社からも。プログラミングができない自分を見限ったことからも。いろんな現実から逃げて逃げて流れ着いてきた現状からも。

 

思えば、自分が無能なのも結局のところ逃げの結果だったのかなと今では思います。

よく「大学の間に勉強しとけ、絶対後悔するぞ」と言われることがあります。私はそれを逆手に取り、「じゃあ今は勉強せんでゲームしとったほうが有意義やん。どうせどんだけ勉強した人も勉強してない人も後悔するんやから」と思い、将来のための勉強から逃げていました。逃げていたというより本気でそう思っていたので勉強しなかったのですが。あ、一応言っておくと大学で受けていた講義の科目くらいはその場その場できちんと勉強はしてきました。成績は中の上くらいかな。でももうほとんど忘れてるんだよな。

 

別に「将来のために勉強をする」をしなかった自分の選択を後悔しているわけでは全くありませんが、だからこそ自分が今無能である=社会に出てお金を稼ぐための能力がないということは必然的な結果だったのかなと思っています。だから今いるところに拾ってもらったこと自体はありがたいし、そこの賃金がいくら低かろうが抜け出す算段もついていないわけです。

 

じゃあ頑張れよ、勉強しろよって話ですよね。何をするにも遅いということはない。私も確かにそのとおりだと思います。現状を変えたければブログなんて書いてないで自分が頑張ればいい、金を稼ぐための勉強をしてまともなところ行って底辺賃金から抜け出せばいいだけだから、ブログを書くというこの行為すら逃げなのかもしれません。

でも今の自分には社会の中でやりたいと思えるようなことがない(見つからない)。ゲームに関われて人とも関われてプログラミングはしなくてよくてちゃんと給料が貰える仕事って……何だ?学科の就職相談室みたいなところにも一応行きましたがさじを投げられました。

やりたいこと。強いて言えば好きな時間に好きなだけゲームができる生活がしたい。つまり無限の時間とお金が欲しい。

無限というのは非現実的なので言い換えると「最小限の労働時間で十分量のお金が欲しい」ということになりますが、能力のない人間が時間欲しい!お金欲しい!って言っても悪い人が寄り付いてきて騙されるだけなのでそう言うわけにはいきません。何を勉強しましょうかねえ。

 

じゃあ今いるところで「安定性もなくただ忙しいだけで時間の無い毎日」を送ってそのまま人生ハイ終わり、なんですかね?それが無能にはお誂え向きの終焉だと言われればそれまでなんですが。

 

実は割と迷っているところではあります。何かしら人を殴れるようなスキルを付けて転職するのか、それとも何もせず今いるところに甘んじて底辺時給で労働するのか。まだ自分の中でどうしようかは決められていません。

 

比較したくないのに比較してしまう

自分のことだけ考えていればいいのに、どうしても他人がちらつくことがあります。

私の大学の同期はDeNA、Yahoo、NTT、有名ベンチャー、有名大企業、省庁……などなど軒並み「成功ルート」の就職をしているわけで、でもなんで自分は底辺時給で労働しているんだろうって。なんで自分はまともに生活できる額すらもらえてないんだろうって。

 

コンプここに極まれりって感じですよね。

 

別に他人と賃金競争をしているわけでもないですから、他人と自分を比較する必要はありません。私もそう思います。

でも無理なんです。

Twitter見たら大学の同期がそこにいるんです。同期のツイート見るだけで「こいつはここに行ったから月○○くらいもらってて生活に余裕あるんだろうな」とか、同期がうまそうなメシの画像上げてるのを見たら「お金に余裕があるからこんなうまそうなもん毎日食えるんだろうな」とか、そういうことばっかり考えちゃうんです。

何なんですかこれ。何かの病気?何が悪いんですかね。どうすれば治るんですか?

 

ただ研究室の巡り合わせが悪かっただけで自分は1浪4留の学部卒になって、同期はほとんどみんなストレートで進級進学して普通に院を出て普通に就活して大企業行って。

何なんですか。

何が悪かったんですか。

私はどこで人生間違えたんですか。

何で今私はこんな生活してるんですか。

同期はほぼ皆まともな人生送れてるのに。

 

……すみません、なんか書いててマジで涙出てきたのでこの話やめますわ。最近あんまり泣くようなこと無かったんだけどな。

 

本物の人生、偽物の人生

タイトル回収が遅れましたね。

サークルの周りで「本物の人生」「偽物の人生」という言葉が流行ったことがあります。

私も意味や由来を100%理解できているわけではないのですが、本物の人生というのは噛み砕いて言うとラクな人生、素敵な人生、素晴らしい人生という意味で、例えば(極端な例ですが)

  • 1日1時間労働で100万円もらえてあとは自由
  • 全く労働しなくてよくて、それでもお金が入ってきて人生何でもし放題

みたいな人生が「本物の人生」にあたります。

逆に

  • 研究室で1日12時間以上研究・実験させられてて辛い
  • 職場の人間関係がつらすぎて毎日仕事に行くのが億劫
  • 長時間労働しているのに大した金ももらえない
  • 土日休みがなくて○○連勤になってる

とか、そういう人生が「偽物の人生」にあたります。 

 

これで言うと私は今完全に偽物の人生です。

労働相応のお金ももらえてないと感じ、それによって心を疲弊させ、自分のやりたいゲームを満足にやる時間も取れない。ゲームを権利だと言っていたらいつの間にか義務になっていた。笑えない話です。

労働強度とか人間関係とか職場の立地とかは悪くはないのですが、賃金が低いという一点ですべてが台無しになっており、なにより心がしんどくて毎日が辛いです。

 

ニワトリとタマゴのような話になる上に仮定の話になってしまって恐縮なのですが、例えば時給が2000円とか3000円とかだったら「こんなにもらってるんだから売上に貢献しよう」「こんなにもらってるんだからもっと検索順位で上に来るようなページを作れるスキルを身につけよう」とか、そういう思想になると思っています(ならないかもしれません)。

当たり前のことなのですが、コンビニバイト以下の時給しかもらっていない限りは、コンビニバイト以下のものしか生み出す必要がありません。検索で上位に来るためにどうする~とか、ユーザーにとって何がどうだったらどう~とか、私もせっかく記事を書くなら考えたいところではあるのですが、1050円/hでやる知能労働ではないな、と感じた瞬間にすべてが無理になります。

給料が安いことそのものが問題というより、給料が安いことによる自分のモチベーション・向上心の低下が問題なのです。向上心が無いと査定も上がらず、査定が上がらないから向上心も出ず……という負のスパイラル。

 

ああ、すみません。またいつの間にかお金の話に戻ってしまいました。

要するに何が言いたいかというと、偽物の人生を送っていてつらいよね、ということです。

 

まとめ

昔から

  • 中3になったら受験が始まるから人生終わり
  • 高3になったら受験が始まるから人生終わり
  • 学部に配属されたら週21コマになるから人生終わり
  • 研究室に配属されたら研究漬けになって人生終わり
  • 労働が始まったら人生終わり

とかいろんな段階で思ってきたんですけど、なんだかんだ中3、高3、学部配属とかは充実してて人生終わらなかったわけなんですが、労働を始めた今まさに生まれてはじめて心の底から「人生終わり」って感じがしてて、抜け出す術も見つけられなくてキツいです。

 

ここまで8000字近く読んでもらってこんなこと言うのもアレなんですが、いちいち時給とかいうしょーもないことで悩んでなくてとっとと底辺抜け出すために勉強しろやって話なんですよね。先のことを考えたときに、今のまま底辺賃金に甘んじるか上を目指すかはまだ悩んでますが、それを明確に決めて今後数ヶ月~数年の方針を決められるほどのエネルギーは今の私には残っていないです。

 

後輩を見ても同期を見ても自分を見てもつらくなる一方で、割とメンタルは強いつもりでいるんですがそろそろまずいです。労働でいっつもつらいつらい言ってる人ってこういうことなのかな。労働でメンタル壊すってこういうことなのかな。

 

偽物の人生が始まってきついぜ!とか言うと、30代40代とかの人からするとアンタはまだ若いんだから~とか、時給の1つや2つで何をギャーギャー言ってんだとか、いろいろ言われるかもしれませんね。それも正しいのかもしれません。当事者の、私が、今、つらいんですけど。

今後どういう人生になるかわからないですけど、後になって振り返ってみれば 「あのとき時給云々で悩んでたのくだらなかったな~」って思えるくらい今より良い状況であって欲しいな、と思います。

もしかすると私が今つらいと思ってることも他の77億人にとってはクソくだらないことなのかもしれませんけど。

 

今は友達とゲームをしているときだけ本当の自我を保てているような気がしています。私と遊んだときに私が普段よりやけに喋るなあと思ったら、ああ労働で壊れてしまったんだな、と思ってください。