とても上品な日記

雑談とかしながらグラブルの話をするための備忘録

予測できないことは怖いこと

こんにちは。とても上品です。ここ2週間ほどいろいろあって激動だったのですが、やっと落ち着いたのでいろいろ書き留めようと思い筆を執っています。

 

~5/4

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは一般的には長期休暇のうちの一つに当たるものだと思っていますが、学業に従事していない私にとっては特にいつもと変わらぬ日常です。むしろ昼間でも私とスマブラなりモンハンなり遊んでくれる人がいるぶんGWのほうがありがたいですし、そうなるといつもよりもGWのほうが家から出ないということなので、なんというか謎の逆転現象が起きていましたね。楽しかったです。

 

5/5~5/11

面接

ゴールデンウィークが明けて数日後に第一志望御社の二次面接がありました。自分が思っていたよりもかなり上の役職の方が面接に来られ、少しテンパりつつも面接を終えましたが感触は最悪。私があっち側だったらこんな就活生は採らないだろうなあと思いながら肩を落として帰宅。メンタル最悪でした。

一週間以内に通知すると言われた結果通知までは「どうせ落ちとるやろ」と思いつつも「もしかしたら通ってないかなぁ」とか淡い期待を持っていましたが、期待して裏切られることほどくだらないことはないので基本的には「どうせ落ちとるやろ」と思って過ごしていました。

 

スマブラお出かけ

それから数日後、Game8さんのオフィスにお邪魔してスマブラをしていました。Game8の方とは去年末に行われた企業対抗スマブラ大会で知り合い、それ以来ウメブラなどでお会いしたときにちょくちょくお話をしています。私と同じかちょうど前後くらいの実力の方がたくさんおり、一度お邪魔してワイワイしてみたいと思っていたので声をおかけしてお邪魔してきました。あまり多くの方とは対戦できませんでしたがとても楽しかったです。

ちなみにもちろんですが私は「上品さん」と呼ばれていました。上品ですからね。

 

5/12~現在 

今回の記事のメインです。

人間関係のいざこざ

人間関係のごたごたが起きていて非常に大変でした。詳細はここには書けないのですが、人間関係で生きていると言っても過言ではない私が人間関係で苦労するというのはかなり心労が大きく、余裕のない時期でした。

 

アレがアレでアレ

5/13(月)、なんと局部(意味がわからない人はパパかママに聞いてね!)に異常を発見しました。とても上品なのでどのような異常かは明記しませんが、非常に怖いことです。まず局部に異常が起きること自体が人生初で、これはもしかしてやべーやつなのかもしれないしやばくないのかもしれない、よくわからない。とりあえず症状をネットで調べてみよう。

皆さんにもご経験があるとは思いますが、症状をネットで調べると「想定しうる限り悪いこと」がよく書いてありますよね。ほっといたら最悪こうなるかもしれないとか、ほっとかなくても数日以内にはこうなるから急いで病院行けとか、実はもう体内で○○が進行しているかもしれないとか、そういう恐ろしい記述ばかりが目に付きます。

で、症状をネットで調べると案の定「放置すると壊死するかもしれない」とか「○○かもしれない」とかいろいろ書いてあるわけです。は?壊死?俺の局部壊死すんの?まだ25なのに??

もう居ても立ってもいられません。すぐに泌尿器科を調べ、医者にかかりました。とても上品なので詳細な記述は伏せますが、診てもらったところ大事ではありませんでした。「アレがアレだからアレだね~」という話になり、薬を処方してもらいました。飲み薬と塗り薬をもらいました。飲み薬と塗り薬。塗り薬。塗り薬???

……いやまあ処方されたので使いますよ。ええ使いますとも。ええ。塗ってやろうじゃないか。

 

結果から言うと診療の翌日から既に快方に向かっており、診療の2日後には異常が収まり普段どおりになりました。1週間くらい経ったらまた来てと言われていたので経過観察として今日また病院に向かいましたが、この旨を伝えたところもう大丈夫だねということで一件落着でした。

は~めっちゃ大変だった。壊死しなくてよかった。

 

予測できないことは怖いこと

5/12~の週には大学の保健センターの歯科で診療してもらうことが決まっていました。1ヶ月前くらいから歯痛があり、診てもらわないとな~ということで以前から診療の予約をしていました。

歯科の診療というのは人生で何度も経験してきたことであり、今回も仮に虫歯だったとしてこういう治療がなされるであろう、知覚過敏だったらこうだろう、というふうな予測ができます。原因は普段の食生活が悪いとか歯磨きの方法が悪いとか、思い当たる節はいろいろあるわけです。症状としても多分虫歯だろうし、症状が重かったとしたら多分神経抜くことになるのかなあとか、先がある程度予測できるのです。

しかし、局部の異常となると話は違ってきます。今までに経験したことがないし、原因もわからないし先がどうなるかもわからない、もしかしたら壊死するかもしれない。症状が重いのか軽いのかもわからないし、治るのか治らないのかもわからないし、後遺症が残るのか残らないかもわからないし、本当に何もかもわからない。恐怖しかありませんでした。

原因も対策も結果もある程度先が予測できる歯痛とは全く違いますし、局部に異常が起きることも局部の診察をしてもらうことももともとカレンダーにない予定なのです。

予期せぬ悪いことというのはそれだけで心労が半端ありません。予測できないことは怖いことなんだな、と痛感しました。

 

全てが一気になだれ込んできた

面接を受けた週には当該企業から連絡が来なかったので、5/12からの週で連絡が来ることはわかっていました。月曜か火曜くらいには連絡が来るだろうなとは思っていたのでそわそわしていたのですが、月曜日に局部に異常が発見されてもう面接の連絡どころではないわけです。局部が壊死するかもしれないと思っている状況で他のことが頭に入ってくるわけがありません。

ネットで局部のことを調べているとなんと当該企業からメールが。しかしこれを開いて仮に落ちでもしていたら、ただでさえ異常事態に焦っているこの身体に良い影響こそ無く確実に悪影響が及ぼされると思いました。病は気から、やはり精神状態が悪いと身体にも悪影響です。メールはいいよ、あとで確認するわ。とりあえず病院行ってくる。

大事ではないと判明し、帰ってきて落ち着いたところでメールを開くと……お祈りメール。予想していたとはいえ、私も人間ですからさすがにダメージ0とはいきません。就活失敗したし俺将来どうすんのかなとか、お先真っ暗だなとか、いろんなことを考えてしまいます。

そこに今度は人間関係のかなりキツめのごたごた(と軽く言ってますが正直信じがたいレベルの心労がかかるような重いことでした)がまた発生して、しかも数日後には歯医者に行くことになっていて……

このように先週は局部の異常と就活失敗と人間関係などなど、そういったことが一気になだれ込んできてキャパオーバーしていました。

そんな時期でもスマブラは相変わらず楽しんでいて、というかそんな時期だからこそスマブラを楽しんで少しでも楽になろうとしていて、ベヨネッタを軸にしてスマブラの話でもしたいなあと思っていたのですが、キャパオーバーすぎて無理無理の無理になってしまっていたのが、先週のあの記事の原因でした。お見苦しいところをお見せしました。

 

局部の異常も治り、人間関係のいざこざも数日前に一段落し、そろそろ就活関連も再スタートしようかなと思っているので、ようやく普段どおりの生活に戻れたことをここにご報告いたします。

 

なお記事としては局部の話が大部分を占めてしまっており大変恐縮なのですが、現在ではそれはもう大丈夫なので今は就活のこと・今後のことで心労がすごいですね。結局また前と同じ状況に戻ったというか、行きたいところに落ちた上にもう5月も末なのでむしろ前よりも悪い状況というか、何をどうすればうまくいくんでしょうね。

 

まあ、今更もう何がどう転んでもまともな人生は歩めないんでしょうが。後味の悪い締め方で申し訳ありません。

それでは古戦場に戻ります。Bye✋