とても上品な日記

雑談とかしながらグラブルの話をするための備忘録

ゲーマーと非ゲーマーの差を感じる瞬間

こんにちは。とても上品です。徐々に冬めいてきましたね。

冬は嫌いです。米を洗うのも皿を洗うのも洗濯物を干すのも全部手が冷たくなってしんどいですよね。それも冬をあらわに感じられる風物詩の一つといえばそうなのですが。

今日はゲーマーと非ゲーマーの差をあらわに感じる瞬間についてお話しようと思います。このシリーズは不定期で何回かやるかもしれません。

あと後半のグラブルの話を書いていたら全体がかなり長くなってしまいました。ぶっちゃけるとブログを始めた大きな理由の一つに今日のグラブル昔話で話す内容をどこかに書き留めたかったというのがあります。

 

買えよ

 

本題です。さて、あと2週間ほどでスマブラSPの発売ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は接続タップもGCコンもスマブラforの時点から既に持っているので特に何という準備もしていないのですが、やはり発売日が近づいてくるとそわそわしてくるものです。

 

皆さんは最近こういう発言を見かけませんか?

「ピカブイ欲しいけど、Switch持ってないんだよな」

スマブラ欲しいけど、Switchが高いんだよな」

こういう発言は特にキラーソフトの新作が出るたびにそんなにゲーマーでもない人からよく聞きますよね。

 

いや、じゃあ本体買えよ。

 

なんで?なんで本体買わないの?純粋にお金が足りないっていう金銭的な問題?それなら仕方ないので見逃してあげましょう。でもお金は調達できるのに「スマブラ買うのにソフトと本体で4万くらいかかるからな~、スマブラやるのに4万円払うのはな~」みたいなこと考えて買い渋っている人をちらほら見かけます。

 

違うだろ!!!!!!!!!!!!

 

本体は初期投資、ソフトはソフト、どうしてそういう考え方ができないの?

ゲーマーと非ゲーマーの違いを身に染みて感じる今日このごろです。

  

ピクミンシリーズをご存知でしょうか。我々はモロ世代なのである程度の方は知っていると思いますし、かなりやりこんだ方も多いことだと思います。私も2はかなりやりましたね。とても思い出深い作品です。

初代と2がGCで出て以来本編の続編はなかなか音沙汰がなかったんですが、2013年7月にWiiUで発売されました。ピクミンシリーズの熱狂的なファンというのはどこにでもいるもので、友人にもちらほらいたのですが、ただそこでよく聞いた意見が「やりたいけどWiiU持ってないんだよね。ピクミンのために○万円払うのはなあ。

ふ~ん、そういうこと言うんだ。

 

個人的に卑近な例としてピクミンの例を挙げましたが他にもこんな例はいくらでもあります。

「モンハンやりたいけどPS4持ってないからなあ」

「ペルソナやりたいけどPS4と一緒に買うと高いんだよなあ」

ピクミンのためにWiiU買うのはなあ」

スプラトゥーンやりたいけどそのためだけにSwitch買うのはなあ」

「ピカブイ欲しいけど、Switch持ってないんだよな」

スマブラ欲しいけど、Switchと一緒に買うと高いんだよな」

 

いや本体買えよ!!!!!!!!!

お前にとっては持ってないハードの全てのソフトが常に3万も4万もするのか!?!?

バカなのか!?!?!?!?!?!?

 

ゲーマーは

「モンハンやりたいけどPS4持ってないからPS4買うか

スプラトゥーンやりたいからそのためにSwitch買うか

「ピカブイ欲しいけど、Switch持ってないから買うか

 なわけです。本体はあくまで必需品であり初期投資なんです。

洗濯したいけど洗濯機持ってないからってわざわざ川まで行かずに洗濯機買うし、食べ物を温めたいけど電子レンジ持ってないからって虫メガネで日光を集光して食べ物を熱するなんてするわけなくて電子レンジ買いますし、そういうレベルの話なわけですよ。

 

いや、気持ちはわからなくはないですよ。我々はゲーマーなので当然Splatoonスマブラマリオカートマリオパーティその他諸々のキラーソフトが出る(そして興味に応じてソフトを買う)ことを見越してSwitchを買っているわけですが、非ゲーマーがスマブラ買うためにSwitch買ったところでスマブラ以外のゲームを買わなければ確かに実質スマブラに4万円払ったということになります。

別にそんなことはないんですけどね、なんとも悲しい考え方だなと思います。そりゃ我々だってスマブラがソフトだけで4万円したらさすがに買うのを躊躇うかもしれませんが、実際はそうじゃないですからね。気持ちそのものは理解できなくはないですが。

 

ということで、ゲーマーと非ゲーマーの違いをひしひしと感じたという話でした。皆さんにも周りで思い当たる例があるんじゃないでしょうか。

 

まとめ

うだうだ言わずに本体を買え。

 

 

グラブルの話 ~騎空団②を離れる決心~

古戦場2日目お疲れ様でした。今日からはいよいよ本番の100HELL解禁ですね。

さて、前回は6月に騎空団①を離れて騎空団②に籍を移したところまでお話をしました。今日は7月のお話です。

グラブルを真面目にやり始めて初の四象降臨がありました。5月と6月の半額で十狼雷と三寅斧の最終強化はどちらもあとヒヒイロカネだけという段階まで来ていたので、四象降臨をずっと心待ちにしていました。このときちょうど繋がりのあったとあるグラブルプレイヤーの方が私のことをすごくお世話してくださっていて、その甲斐もありヒヒイロカネを3個か4個ほど取ることができ、初の十天衆取得にこぎつけることができました。感謝感激。

7月中旬からは風有利古戦場。ティア銃4凸3本の自石無凸グリームニルで頑張っていました。2回目の古戦場にして1億稼ぐことができたのは我ながら結構頑張ったなと思いました。やはり騎空団②は強く、戦績もかなり良かったように思います。記憶の限りでは4勝1敗だったかな。勲章うまうま。

 

騎空団②は非常に強いところです。静かだった騎空団①とは雰囲気がガラッと変わり団チャが非常に活発で、また団栄誉なども積極的に行っている団でした。Rank100に満たない初心者やRank100周辺で脱初心者したくらいの人もちらほらおり、そういう人の育成にも力を入れているとても素晴らしい団でした。古戦場が終わって落ち着いてから、私もなんとか流れに食らいついていこう、ここで強くなっていこうと思っていました。

 しかし、心の中でどこかに少し居心地の悪さを感じていました。この違和感は何なんだろう?そうしてしばらくしているうちに、はっと気づきました。

 

ああ、この騎空団の人たち、敬語が使えないんだ。

 

団チャでギルド内の人と会話することはあるのですがそれはあくまでもネット越しの関係。学校の友達や職場の同僚とはわけが違います。お互いの身分も職業も性別も知らないし、そういう人にいきなりタメ口で話しかけるのはちゃんちゃらおかしな話ですし、敬語で接するのが常識です。

他のゲームでも例えばSplatoonを一緒にやる4人のうち自分の直接知らない人が1人いたらまずは「よろしくお願いします」から入ってそのまま丁寧語で話すのが筋ってもんですし常識です。

 

ただ、騎空団②にいるRank150以上のグラブル上級者の人たちの一部は、団に入った初心者(入団直後の私含め)に対してとにかくタメ口で話してくるのです。まるでRankが高いことが偉いことであるかのように。

団の古参の人達どうしがタメ口で会話してるのはいいんですけど、それと同じようなノリで初心者にタメ口で接していて、それがめちゃくちゃしんどかったです。初心者側はちゃんと丁寧語を使っているのに、ですよ。 

こうやって文字で書いているので実際の雰囲気がかなり伝わりにくいと思いますが、当時の私はそういった団の一部の人の不躾な言葉遣いに徐々に嫌気がさしてきていました。

 在籍当時からこういうふうに間接的にSOSサインを出してはいました。

一応補足しておくと、団の敬語が使えない上級者の方々は人間としては全然悪い人ではなく、初心者に対する面倒見自体もそこそこ良いです。ただ、ただギルドの初心者に対して敬語を使わないその姿勢がとにかく気に入りませんでした。あと私個人が敬語周りのマナーに敏感だったというのもあったとは思います。

 

ちょうどその頃無垢剣の作成に取り掛かっており、オメガ武器にするためにオメガユニットが欲しいということでアルバハHLに行きたいとぼやいていたことがありました。そんなとき先述の四象降臨でお世話になった方がそれを見て、「オメガ武器を作りたいならうちの団(騎空団③とします)でアルバハHLをやっているんだがそこにちょっと来てみないか」というお誘いがありました。

私はそもそもまだRank130周辺の戦力ペーペーなのに現状最高難易度のエンドコンテンツに行っていいのかとすごく悩んでいましたが、思い切ってお邪魔することにしました。そうしてガチガチに緊張しながら初のアルバハHL、必死に行動表を見ながらファランクスなどを回し、時には逆にテンパって行動できなくなるなど、いろいろな紆余曲折を経ましたが遂に自発初回クリアしました。

 いやもうこれ今見るとびっくりしますよね。まずキャラのLvが全員上限じゃないことにびっくり(当時は普段遣いしないSSRのレベル上げをしていませんでした)。しかも当時は自石ルシも3凸でシュヴァ剣4凸も3本くらいしかなく、スパルタジータちゃんの体力は2万5000ほど、キャラクターの体力に至っては1万8000くらいだったと思います。

そんなうんこみたいな戦力でお邪魔して5人にキャリーしてもらい初の自発クリアができました。本当に感謝感激です。いつか逆に私がキャリーできるくらいになって恩返ししたいものです。

 

何度かアルバハHLにお邪魔するようになり騎空団③の方々とも親睦が徐々に深まっていき、私の心はどんどん騎空団②から離れていきました。騎空団③は隠居団なのであまり古戦場もアクティブとは言えず、古戦場でもらえる勲章という観点では騎空団②のほうが魅力はあったのですが、あまりにも上級者たちの姿勢が気に食わなくて耐えきれず、騎空団②の恩恵と団の雰囲気の不快感を天秤にかけた結果、騎空団③に移らせてもらうことを決意しました。

 

今日はここまで。

 

3月後半

水着女性キャラピックアップ期間にリセマラ

4月20日

エアプの終わり 重い腰を上げてメインクエ進行

4月29日

知り合い経由で騎空団①に入る

5月14日

初のマグナ確定流し・ユグマグ(16日に4属性達成)

5月23-30日

初の古戦場・土有利

5月29日

光・闇 マグナ確定流し達成

6月7日

Rank100

6月10日

初のマグナ武器4凸

6月15日

スタダチケで水着ゾーイ購入 人生初のソシャゲ課金

6月18日

騎空団①を退団 翌日騎空団②に入団

6月25日

Rank120

7月2日

天司武器4属性SSR

7月10日

十天衆1人目 エッセル加入

7月11日

十天衆2人目 サラーサ加入

7月22日

100HELL初ソロ討伐 めっちゃ感動した

7月25日

アルバハHL初自発 Rank137